妊婦あるあるの便秘改善~サプリで簡単スッキリMagic~

妊婦

妊娠中のスムーズな便通

女性

胎児で大腸が圧迫されるため、妊婦は便秘になりやすいです。女性ホルモンの影響で便から水分が抜けていくことも、原因のひとつです。とはいえ市販の便秘薬だと刺激が強めのことがあるので、多くの妊婦が大腸を活発にする乳酸菌やオリゴ糖、便を柔らかくするノンカフェインのお茶などで便秘を解消しています。

詳しくはコチラ

妊娠中の胃腸トラブル

女性

妊婦の場合、ホルモンバランスの変化や胎児の成長に伴って便秘の症状が顕著に現れるようになります。症状が悪化するとイライラしたりお腹が張ったりと、不快な状態が続いてしまうのでその都度対処していく必要があります。便秘に効くお茶を活用すれば妊婦でもより安全に症状を解消していくことが出来ます。

詳しくはコチラ

妊娠中の意外な悩み

女性

妊婦になると、あまりしられていない身体的な悩みがたくさん出てきます。そのうちの一つが便秘です。ホルモンの影響や、子宮が大きくなること、日々の生活の変化により、普段よりも便秘になりやすい状態になります。妊婦でもサプリメントであれば便秘改善効果を得ることが出来るため、利用しましょう。

詳しくはコチラ

対策方法

適度に水分摂取することで妊婦は便秘を改善出来ます。血流の働きを高め老廃物を体外に排出し健康ライフを手に入れましょう。

心配する必要はあるのか

薬

妊婦になる以前にそうだった場合と、妊婦になってからの場合どのようなで便通にどのような変化があるのかを自分で考察すると、妊婦になったことで赤ちゃんに栄養や水分すべてを取られているので、便秘になりやすくなったのではないのかと思いました。妊婦になるまでは便秘薬を使用したりしていました。もちろん、使うことなどに何も抵抗は感じてはいなかったし、遠慮無く毎日使うことが出来たのです。しかし、排便時にいきむことで早産の危険性があると先生に言われましたし、薬が赤ちゃんに悪影響をおよぼす可能性も考えられたため、使用を控えていました。

対策方法があるのか

では、万が一妊婦が便秘になってしまった場合どうすればよいのかというと、まず妊婦が便秘になった場合いつも以上に水分をとる必要があります。水分がないことで、便は作られているのに腸内でかたまってしまってスムーズに排出されないということになります。それでも便秘が解消されない場合は主治医から便秘薬を処方してもらいましょう。処方してもらう薬は、もちろん赤ちゃんに何の影響もないため安心して飲むことができます。対外の産院では便秘薬というより体内の便に水を含みやすくし排出しやすくし便秘を解消しようという薬になるでしょう。それ以外の便秘解消だと、ハーブティーの中に便通を促す葉が入っているものを飲みましょう。大概のハーブティーはノンカフェインのため赤ちゃんに影響はないので安心して飲めますし、ハーブにいろいろと便秘解消以外にも妊婦に良い葉が入っているものが多いのでそれもプラスの効果が期待できるのです。また、他にはサプリメントも効果を発揮してくれました。ただし、退治に影響がある可能性もあるため、使用時にはしっかりと注意書きを読みましょう。